長崎市の外壁塗装業者の選び方

外壁の塗装は、家の外壁をさまざまな要因から保護する機能があるので、一定以上劣化をしないように定期的に塗り替えを行うのがおすすめです。外壁そのものが傷んで修理するとなれば、とんでもない金額になってしまいますからね。病気と一緒でひどくならない段階(未病の段階)からケアするのが一番安上がりというわけです。

いざ外壁塗装を検討しようといっても、ほとんどの人にとって悩ましいのは業者選びでしょう。知り合いに塗装業者がいるとか、過去に塗装してもらって信用しているとか、そういった場合は良いですが、初めて外壁塗装をするという人にとっては、誰に相談したら良いかもわからないというのが本音だと思います。

多くの塗装業者が小規模な個人経営に近い業態であることもあって、業者の数が多いのも選択を難しくしています。業者のほうもそれをよくわかっているので、お店を構えて看板を出せば問い合わせが来るとは思っていません。

※こちらのサイトに長崎市の塗装業者の一覧が載っていますが、実際にはもっと多くの塗装業者があると思います。

外壁塗装業者をはじめて選ぶ場合は、いまはネットで利用できる一括見積もりサイトを活用するのが主流です。サイトには一定の基準を満たした塗装業者だけが登録されているので、評判の悪い、いわゆる悪徳業者というような業者は登録できないので、その点がまずメリットです。

また保険の査定や車の買取査定などと違い、外壁塗装は専門性が高く、見積もりをもらっても内容が理解できません。さらにその工事内容が自宅にとって本当に必要なのかどうかもわからないでしょう。そうした部分の相談役になってくれるのも外壁塗装の一括見積もりサイトのメリットですね。

外壁塗装って具体的に何するの?どんなバリエーションがあるの?相場はどれくらい?いま本当にしないといけないの?などいろいろ疑問があると思います。そういった疑問に中立的な立場でアドバイスを貰えるので、今回が初めてという人にはおすすめの方法です。

 

格安な外壁塗装は存在しない?

どんな業界であっても、企業間の切磋琢磨があって新しい技術が生まれ、様々な効率化が行われます。それによって同じ性能のものがより安く、より高い性能のものがいままでのコストで入手できるようになります。これは私達消費者にとって大変喜ばしいことです。

ただしそこには一定のモラルがなければ成立しません。いくら価格が下がったとしても、消費者にはすぐにはわからないところで、質の低い原材料や手抜きをするような悪意があれば、話は別です。

実際、外壁塗装の業界でも、びっくりするような低価格で工事を請け負う「格安業者」が存在しています。普通に考えれば80万円するような工事を半額の40万円で請け負うといったようなものです。

外壁塗装の工事は、家や車についでとても高額な出費の一つです。80万円を気軽にポンッと払える人はほとんどいないと思います。ですから、少しでも安くと考えるのは自然なことですし、格安と聞けば心躍ってしまうのも無理はありません。

ですが、平均的な費用を大きく下回るような格安を実現するにはそれなりの理由があるわけです。外壁塗装は、大量生産してコストを下げるような性質のものではありませんので、本来は必要と考えられる部分を削って値段を下げるしかありません。

施主がその点を完全に理解した上で、あえて格安を選択するのであれ問題はありません。ですが、内容がわからないことを良いことに、安いことだけをアピールして売り込むとすれば、非常に悪質です。

実際のところ、工事費の多くを占める塗料費は、いくら大量に仕入れたところで、極端に安くなるものではありません。人件費をおさえる努力は先進的かもしれませんが、訪問営業をネットに変えたところで極端にコストを下げるようなことは不可能です。

そうなると、外激塗装の品質や工事の安全に対して通常なら行うことを行わないことでコストを下げるしかありません。

・工事期間を無理に短縮して、足場のレンタル費用を下げる
・塗料を必要以上に薄めて、塗料費を下げる
・資格も経験もないアルバイトを使い人件費を下げる
・重ね塗りが必要なのに、一度しか塗らない
・塗装面の下地処理をしない

このような工事をすれば、一般に言われる外壁塗装の寿命の10年ももちません。

それらをすべて把握した上で、それでも施主が納得して格安を選ぶのであれば問題はありません。ただ、残念ながら格安の本当に理由は明かされることはなく、またそれらを想定するだけの知識は残念ながら一般の家主にはありません。

質が低いのに高いのは論外ですが、格安なものには必ず理由があるということはしっかりと理解しておきたいですね。さらに、外壁塗装はその性質上、いまの塗装技術が根本的に変わらない限りは極端な格安はまず実現できないということを覚えておきましょう。